対策が重要

なぜ、同じ環境で同じ量の紫外線を浴びていても、ひどい日焼けをする人と、そうでもない人がいるのでしょう。屋外で、同じ日に同じ時間を過ごしていたのに、日焼けで肌がヒリヒリする人と、そうでもないと感じている人がいます。真っ赤になってヒリヒリしてしまう人もいれば、すぐに黒くなってしまう人もいます。人によって、日焼けの症状が違うことは周知の事実です。
なぜ、人によって日焼けの症状が違うのは、紫外線から肌をガードするためのメラニン色素の違いです。日焼けには、紫外線のB波によって肌が炎症が引き起こされるサンバーンと、A波によってすぐに肌の色が濃くなるサンタンがあります。紫外線A波を皮膚に照射すると、肌は紫外線の影響から細胞を守るために、メラニン色素を生成します。このメラニン色素をつくるためのメラノサイトの機能に個人差があります。
メラノサイトの働きが活発だと、紫外線の影響ですぐにメラニン色素ができますので、肌は黒くなり、老化しにくくなります。一方、日焼けしにくい人というのは、紫外線を吸収するメラニン量が少なく、日に当たると炎症を起こしやい肌の持ち主です。あまり日焼けをしないという人は、その分、光老化のリスクが高くなります。人によっては、紫外線を浴びても皮膚の状態が変わっていないというふうに見えることがあります。見た目の印象とは異なり、日焼けによって肌が黒くなりにくい人ほど紫外線対策が重要であると言えるのです。